カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

【使い方のご提案】入浴時間がバラバラのご家庭に「風呂保温ヒーター」

 友人に、「ご主人はサラリーマン、奥様は看護師」というご家庭があります。どうしても出勤時間や生活時間にずれが生まれてしまい、特にご主人が日勤で奥様が夜勤の日はお風呂一つとってもタイミングが合わないんだとか。共働きが増えているご時世ですから、そう言ったご家庭、他にもございますよね。

食事時間のずれは電子レンジの活用などでどうにかなるにしても、入浴時間だけはどうにもならない……とお思いの方。風呂保温ヒーター「風呂バンズ1000」のご購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

奥様が出勤前に一風呂浴びた後、「風呂バンズ1000」をお湯の中に入れておきます。そうするだけで、奥様の出勤後、ご主人が帰ってこられるときでもお風呂はあたたかいまま。適温のお風呂にゆっくりと入ることが出来ます。その後もう一度「風呂バンズ1000」を沈めておけば、今度は夜勤が終わって帰宅された奥様が疲れを癒すためにもう一度入浴することも可能です。

お子様が塾で帰りが遅いご家庭にも利用できます。使い方は今と同じ。今度は、遅く帰宅したお子様に合わせて「風呂バンズ1000」を「ぬる湯」で保温することが出来るので、家族がそれぞれ、自分好みの温度で入浴することが出来ます。

一日の終わりや始まりに、自分好みの温度で入浴できるだけでかなり癒される時間になりますよ。すっきりした後は仕事や家事も頑張れる筈。「風呂バンズ1000」、どうぞご検討ください。

◆ 風呂保温ヒーターのご購入はこちら!

◆ 風呂保温ヒーターの詳細はこちら!

ページトップへ