カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

風呂保温ヒーターについて

風呂保温ヒーターは、届いたその日からすぐに使うことの出来る、電気でお風呂のお湯を温める機械です。

追い炊きのないお風呂をお使いの方や、ガス代を節約したい方などに愛用されている、風呂保温ヒーター。これを使えば、好きな時間にいつでも温かいお風呂に入ることが出来てしまいます。

使い方は、本体をお風呂のお湯に沈め、スイッチを入れるだけ。後はお風呂に入るまで風呂保温ヒーターがお風呂の温度を保ってくれます。一つだけ注意すべき点は、本体がお風呂に使っている間は入浴が出来ないというところ。

入浴するときにはヒーターのスイッチを切ってお風呂から取り出し、脱衣所等の浴室外に置いてから、入浴してください。

「電気でお風呂を沸かすの?」とご不安にお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、この風呂保温ヒーターには漏電防止を始めとしたいくつもの安全機能が付いています。なので、感電や水がないときの空炊きなどは自動的にストップされる為、女性の方やご高齢の方など、どなたでも安全・安心に使うことが出来ます。スイッチ一つで電源の入切が出来るので、機械に弱い方でもご利用が簡単にできるのも良いですよね。

また、冬場、災害が起きたときに最も不安になるのはやはり寒さ。そんなときにもこの風呂保温ヒーターは利用できます。水の中につけて緊急の湯沸かし器としても活躍することが出来るんですよ。1998年の阪神・淡路大震災でも一番早く復旧したライフラインは水道と電気だったそうです。災害のときにもいち早く温かいお湯を得られるのはかなりのメリットです。

節約の為、災害に備えて、など色々な利用方法のある風呂保温ヒーター。ご家庭に一台あれば、いざというときでも安心ですね。

◆ 風呂保温ヒーターのご購入はこちら!

◆ 風呂保温ヒーターの詳細はこちら!

風呂バンズ1000をおススメする理由

風呂バンス1000「風呂保温ヒーター」をおススメする理由

風呂バンス

もうすぐ冬の到来で、温かいお風呂に肩までじっくりと浸かりたい方も多いと思います。

しかし、家族でお風呂に入る時間がバラバラだったりしていつも温かいお風呂に入れない…そんなお悩みをお持ちの方にお勧めなのが、この風呂バンズ1000です。

お手軽に利用が出来る風呂バンズ600と比べてよりハイパワーになった風呂バンズ1000は、湯沸かし機能がぐっとグレードアップ。水からお風呂を沸かすことも可能です。
また、「ぬる湯」「あつ湯」の二つのスイッチを切り替えることにより、2種類のお好みの温度でお風呂に入ることが可能。お子様にはぬる湯で、後でお父様が入るときにはあつ湯に温め直す、ということが容易に可能となりました。

「風呂バンズを入れた場所だけ温かい」なんてこともなく、新機能のエアポンプ搭載でお風呂のお水を対流促進。お風呂の隅々まで温かく保ってくれるので、足を伸ばしてゆっくり全身を適温に浸けることが可能です。お風呂の温度が均一になることで、保温効果も風呂バンズ600よりもアップ。よりいっそうのエコな装置になりました。

毎日使う製品だからこそ気になるのは衛生面。本体には抗菌加工が施されている上、ろ過フィルターと中性除菌セラミックボールなどの5種類のセラミックボールを本体内に搭載。本体のお手入れには、家庭用洗剤でのつけ置き洗いもも出来るので、いつでもきれいな状態で使用することが出来ます。もちろん、安全機能は風呂バンズ600と同じで漏電・空炊き・加熱防止の3機能を搭載。

安全機能がしっかりしているからこそ、女性やご高齢の方でも安心して使うことが出来ますね。

◆ 風呂保温ヒーターのご購入はこちら!

◆ 風呂保温ヒーターの詳細はこちら!

沸かし太郎をおススメする理由

沸かし太郎「風呂保温ヒーター」をおススメする理由

沸かし太郎

風呂バンズシリーズでどうしても出来なかったのは、「半身浴」でした。女性の方などはお風呂は半身浴で、という方も多いのに残念なところ。折角便利な風呂保温ヒーターが出来たのに、何かないものか?そんな風にお考えの方も多いかと思います。

そこで、今回お勧めするのが「沸かし太郎」です。水位がたったの8cmから使用可能なので半身浴にぴったり。風呂バンズと違って浴槽以外でも使えるので、足湯や真冬の洗車時にお水をバケツで温めておく、なんてことも可能です。寒いときに冷たい水の中に手を入れる必要がなくなるのは嬉しいですよね。

さらに、「お風呂に入るときは温かく、がいいけれど、洗車のときはもっとぬるくていいな…」なんていう要望にもしっかりお応えできるのがIC温度コントロール機能。30℃〜45℃の間で自由に温度を調節できます。これによって、用途に応じて好きな温度でお湯を使うことが出来るようになり、便利度も格段にアップしました。

また、衝撃や腐食に強いステンレスカートリッジヒーターを採用している為、衛生面もばっちり。万一うっかり落とした際も、ステンレスに加えてゴム製のカバーが衝撃をしっかり吸収します。

もう一つ衛生面以外で気になるのはやはり緊急時ですよね。沸かし太郎にも風呂バンズ同様、漏電防止装置や水位異常感知装置が搭載されているのはもちろんですが、もしもの異常時には音で知らせてくれる警告ブザー・LEDランプ表示機能も実装しました。これにより、万が一のときでも直ぐに目と耳で危険がわかり、すぐに対応が出来ますね。

ただし、その軽量化に伴って、たっぷりのお湯を沸かすことや大人数のご家族への対応は苦手になってしまいました。ご家族が4人以上おられるご家庭では、風呂バンズシリーズをご検討ください。

◆ 風呂保温ヒーターのご購入はこちら!

◆ 風呂保温ヒーターの詳細はこちら!

湯美人をおススメする理由

湯美人「風呂保温ヒーター」をおススメする理由

どんな季節でもお風呂のお掃除は面倒くさいし嫌なものです。浴槽に浮いた髪の毛や、ごみを取り除いたりするのは正直あまりやりたくない家事の一つ。24時間365日、いつでもきれいなお湯に入りたい、とはどなたでも思うことだと思います。

そんな願いを叶えられるのが「湯美人」です。

クリーンフィルターと特殊活性炭のダブルクリーン効果で毛髪や浮きゴミ、お湯の臭いを取り去ります。さらに強制ポンプでお湯が循環するため、綺麗なお湯が浴槽のすみずみまで行き渡り、いつでも綺麗なお風呂に入ることが出来ます。

この循環効果でお風呂の温度がむらなく快適な温度に保たれるのもポイントの一つ。また、温浴ケース内に入っている4種類のセラミックボールがお風呂に繁殖するレジオネラ菌を防御。そのため、3〜7日間お風呂のお水を換える必要がありません。毎日お風呂を張り替える手間が省けるため、家事の上でもお金の面でもとてもお得。一週間に一度のお湯替えなら、年間約7〜8万円の節約になります。

電気を使用する保温ヒーターだからこそ、マイコン制御の安全装置が「沸かし太郎」よりも充実し、音で漏電や水位などいろいろな状態異常を的確にわかりやすく報せてくれます。このため、どなたでも異常を察知しやすくなり、さらに安心して使用できるようになりました。

ただし、ネックは最低水位が風呂バンズに比べて5cm上昇してしまったことと、消耗品の購入が必要になってしまうこと。また、24時間連続使用することでお風呂のゴミ掃除などの手間を省いてくれるため、連続で使用なさらない方には不向き。そんな方にはお手軽な風呂バンズをお勧めいたします。

◆ 風呂保温ヒーターのご購入はこちら!

◆ 風呂保温ヒーターの詳細はこちら!

お風呂に入る時間がバラバラのご家庭に「風呂保温ヒーター」

 お風呂の悩み事と言えば、一つは入浴時間ではないでしょうか。忙しいお父様の帰りがいつも遅かったり、お子様が塾で遅くなったり。あるいは、家族全員の生活リズムが少しずつずれていて、最後に入る人はいつも水のようなお風呂……そんなご家庭、あるかと思います。

そんなときに便利なのが、電気でお風呂を保温してくれる風呂保温ヒーター。強力なパワーの「風呂バンズ1000」なら、保温はもちろん、保温し忘れてぬるくなってしまったときの湯沸にも使えます。一番に入るお子様には「ぬる湯」で、後から入るお父様には「あつ湯」で、と二段階の温度調節機能があるのも便利ですよね。これなら、お風呂のためにわざわざお湯を入れ直したり、追い炊きするよりもぐっと経済的。お財布にも優しい仕様です。

また、帰宅時間がまちまちで帰ってきてお風呂を沸かし直すのが面倒くさい、お風呂は入りたいけれど半身浴で入りたい…などとお考えの一人暮らしの方には、「沸かし太郎」をお勧めいたします。風呂バンズ1000よりもコンパクトで軽量型になったことに加えて、最低水位が8cmからの使用が可能になっています。これにより、風呂バンズ1000では難しい半身浴も出来るように。温度調節が30℃から45℃の間で細かく設定出来るので、ぬるいお湯でゆっくり半身浴を楽しんだ後に熱めのお湯につかる、なんていうぜいたくもいいですね。

これさえあればいつでもあたたかい適温のお風呂に入ることの出来る風呂保温ヒーター。ぜひ、ご検討ください。

◆ 風呂保温ヒーターのご購入はこちら!

◆ 風呂保温ヒーターの詳細はこちら!

追い炊き機能のお風呂をお持ちでない方に「風呂保温ヒーター」

 賃貸のご家庭に多いのが、「追い炊き機能のついていないお風呂」。一人暮らしならまだしも、ご夫婦にお子様がいらっしゃるご家庭だと、何度もお風呂のお湯を入れ替えるのは経済的じゃないですよね。結果、最後に入浴されるご主人がぬるいお風呂に入ることになったり、あるいはお風呂を諦めてシャワーにしてしまったり。たまにはゆっくりと、自分好みの温度でお風呂につかりたい…そんな願望を叶えられるアイテムが登場しました。

それが「風呂バンズ1000」。お風呂のお水を張った際、もしくはお風呂にお湯を入れた際にこの風呂バンズ1000を一緒に入れて、電源をつけておくだけで二種類の設定温度の「あつ湯」「ぬる湯」にあわせた温度に自動的に沸かされて、保温されます。これを使えば、お子様には「ぬる湯」でゆっくりあたたまってもらって、熱いお湯が好きなご主人には「あつ湯」に保温し直して入っていただく、ということも可能です。

また、一人暮らしだけれど追い炊き機能がない、追い炊き機能を使いたい、という方にお勧めなのが「沸かし太郎」です。風呂バンズ1000とは違い、半身浴でも使用出来るので、ダイエット中で半身浴をしたい方や、若い女性にも。温度調節が細かく可能なので、ぬるいお湯で半身浴を楽しみ、熱いお湯でさっと一風呂…なんていう芸当も可能です。

追い炊き風呂のないご家庭に、便利な風呂保温ヒーター。ぜひ、ご検討ください。

◆ 風呂保温ヒーターのご購入はこちら!

◆ 風呂保温ヒーターの詳細はこちら!

帰宅したら直ぐに入浴されたい方に「風呂保温ヒーター」

 お仕事お疲れさまです。営業の方や接客業の方で、毎日お風呂に入らなくてはいけないお仕事なのに、帰宅時間が深夜になってしまう方、いらっしゃいませんか?「帰ってきたらすぐに熱いお風呂に入って寝たいけれど、帰宅してからお風呂を沸かすのが億劫…」そんな方のために、24時間365日、温かいお風呂を保温してくれる「沸かし太郎」はいかがでしょうか。

 使い方は簡単で、お風呂を炊いた後そのお湯の中に「沸かし太郎」を入れておくだけ。あとは帰ってくるまでIC温度コントロールで30℃から45℃の間で好きな温度に設定・調節が可能なので、設定温度のまま賢く保温しておいてくれます。設定温度になると自動的に電源が落ちてしまうので、つけっぱなしで熱いお風呂になってしまった…なんていうこともありません。

「帰宅したら半身浴をゆっくりしたい」という方にも沸かし太郎はお勧めです。コンパクトな設計なので、半身浴する程度の水位でも保温が可能。これなら、ちょっとした家事をしている間にお水を張って保温して、それからゆっくりと入浴する、ということも出来てしまいます。「沸かし太郎」で適温に賢く保温された半身浴を、音楽プレイヤーなどをお供にゆっくりと楽しんで、ぜいたくなひとときを送るのもいいと思います。

 ただし、沸かし太郎はそのコンパクトサイズ故に4人以上のご家族やお風呂好きでたっぷりのお湯に入りたい方などにはあまり向いていません。こちらの方々は「風呂バンズ1000」をご検討くださいませ。

◆ 風呂保温ヒーターのご購入はこちら!

◆ 風呂保温ヒーターの詳細はこちら!

残り湯を保温して次の日に使いたい方に「風呂保温ヒーター」

 たっぷりのお湯で心いくまでお風呂に入り、さぁ、お湯を抜いて出よう……としたとき。ふと、お風呂の中に残ったお湯を見て「このお湯、そのまま捨てるのもったいないな」と思ったことはありませんか?明日まであたたかいままだったら、お昼に洗車に使うのに……なんて。

 そんなときにも、風呂保温ヒーターが大活躍します。浄化機能のない「風呂バンズ1000」と「沸かし太郎」は基本的に毎日お湯替えが基本です。しかし、折角保温できるのですから保温しておいて翌日使わない手はありません。冬場の寒いときには、バケツに組んで洗車や足湯のお湯に。夏場の暑いときは、お子様のいるご家庭でしたらプールに移して温水プールに、なんてことも可能です。

 【※一人暮らしや家族が少ない場合など、毎日お湯替えをする必要がないこともございます。そのときは、24時間保温しておけば、いつでもお好きなときにあたたかいお風呂に入浴することが出来ますね。】

 もし、何度も追い炊きをして同じお湯をエコに使いたい、とお考えの方がいらっしゃいましたら、24時間連続使用可能の「湯美人」はいかがでしょうか。お湯をクリーンに保つ機能を色々搭載した湯美人なら、お風呂のお湯を再利用することが可能です。こちらなら、同じお湯で3日から7日間入ることが出来るので、家計にも環境にも優しいお風呂生活を送ることが出来ますよ。追い炊きを重ねるとどうしてもお風呂が汚くなってしまうものですが、「湯美人」ならきれいなお湯をずっと堪能できますよ。

 それぞれのご家庭にあった風呂保温ヒーターで快適なお風呂ライフが送れると良いですね。

◆ 風呂保温ヒーターのご購入はこちら!

◆ 風呂保温ヒーターの詳細はこちら!

高齢者・女性でも安心して使えるお風呂保温器「風呂保温ヒーター」

「風呂保温ヒーターは良さそうだけれど、重そうなのが難点」とお思いの女性の方・ご高齢の方はいらっしゃいますか?

 ご安心ください、そんな方のために本体重量わずか720gとトマト4個分よりも軽くなってしまった風呂保温ヒーター「沸かし太郎」があります!トマト4個分なら、スーパーでもビニール袋に入れて売っていますね。あれよりも軽いので、どんな女性の方・ご高齢の方でもお手軽に扱うことが出来ます。使い方も簡単で、お風呂の中にぽしゃんと沈めておくだけ。それだけで、設定した温度に保温しておいてくれます。

 例えば、給湯式のお風呂だと出来ないことの一つに「買い物に行っている間にお風呂を沸かしてもらう」ということがありますよね。ちょっと時間が延びてしまうと、お湯が浴槽から溢れてしまうので、ゆっくり買い物にも行けない…そんなお悩みも、風呂保温ヒーターなら賢く解決してくれますよ。お風呂に水をためておいて、買い物に行く前にぽしゃんと風呂保温ヒーターを入れるだけ。そうしたら、どんなに時間がかかってもお風呂が溢れることなく、ぽかぽかの適温になっています。何かの片手間にぽしゃん、とお風呂に入れるだけでお風呂が適温になるのですから、便利ですよね。

 一台あるだけで、暮らしの中がちょっぴりらくちんになる風呂保温ヒーター、是非ご検討くださいませ。

◆ 風呂保温ヒーターのご購入はこちら!

◆ 風呂保温ヒーターの詳細はこちら!

ガス代水道代を節約してエコな生活「風呂保温ヒーター」

 もし毎日お風呂にひと家族が入った場合、年間でどれだけのCO2が排出されているか、ご存知でしたか?その量は、なんと700kg。軽自動車一台分に相当する量なんです。CO2が増えればその分、地球の環境は破壊され、温暖化がまた一歩近付いてきてしまいます。

 ガス代だけではなく、水道代も大きな問題です。地球上で蛇口をひねれば飲める水が出てくる国は日本を始めとして世界に数カ国しかないのをご存知でしょうか。限りある大事な資源である水も、賢く使わないといけません。

 一般に、ガス代が最もかかるのは冬だと言われています。ガスの使用量は気温より水温に左右されやすく、お風呂を沸かすときや、追い炊きするときの水温が低ければ低い程、ガスを大量に使ってしまう、ということです。

 では、どうすればガスを少なく使うことが出来るでしょうか?答えは簡単で、「一度上げた水温をずっと保温しておけば良い」です。こうすることによって、差し湯をすることもなくなり、お風呂に入る生活がちょっぴりエコになります。もちろん、お風呂を保温しておくにはガスを使わない、電気で動く「風呂保温ヒーター」がお勧め。これを使うことで、一度ガスで沸かしたお湯をキープすることが出来るんです。

 ガスと水道の使用を削減することによって、お財布の中にその分のお金が戻ってくることにも繋がります。一度沸かした後、差し湯をしないだけで、水道代もガス代もその分削減されます。一日一日は少ない量でも、こつこつと続ければ大きなものになって返ってきますよ。お財布にも地球環境にも優しい「風呂保温ヒーター」。これこそ本当にエコな生活ですね。

◆ 風呂保温ヒーターのご購入はこちら!

◆ 風呂保温ヒーターの詳細はこちら!

こんなときはどうする?使い方のQ&A「風呂保温ヒーター」

 とても快適で便利な「風呂保温ヒーター」。しかし、どんな風に使っても良い、というわけではありません。ご使用にあたっての注意事項はしっかりとご確認くださいね。


【うちのお風呂はとても広いお風呂!風呂保温ヒーターで保温できる?】
残念ながら、風呂保温ヒーターは一般家庭用のお風呂を基準としているので、大きな浴槽では使用が出来ません。


【湯量(最低水位)って何?】
湯量(最低水位)とは、風呂保温ヒーターを使うにあたって、最低でも必要なお風呂の水位です。浴槽の底から何センチ分の水位が必要か、ということですね。それぞれ機種ごとによって異なりますので、ご確認ください。最低水位を下回ってしまうと、安全装置が働いて沸かすことが出来ません。


【入浴中でも使用できる?】
残念ながらご入浴中の使用は出来ません。お風呂にお入りになる前に、風呂保温ヒーターを浴室の外にいったん出して電源を切ってから、ご入浴なさることをお願いしています。


【うちのお風呂では温泉水が出るんだけど、風呂保温ヒーター、使えますか?】
温泉水が出るのは素晴らしいお風呂ですね!ですが、風呂保温ヒーターは清水以外での湯沸かしが出来ない仕様になっています。故障の原因にもなってしまいますので、お気をつけ下さい。


【アースって何?】
水に濡れた人体は非常に感電しやすいため、機器の劣化や僅かな電流でも流さないようにするための導線がアースです。どんなに気を配っていても、濡れた手で触ってしまうことはありますよね。もちろん、安全面には最大の配慮をしていますが、万が一のときに感電しないために、風呂保温ヒーターには必ずアースの装着をお願いいたします。

◆ 風呂保温ヒーターのご購入はこちら!

◆ 風呂保温ヒーターの詳細はこちら!

災害のときでもお風呂で活躍する「風呂保温ヒーター」

 1998年に起こった阪神淡路大震災、そしてこの度の東北大震災。犠牲者の方々のご冥福と、一刻も早い復興をお祈りいたします。

 さて、どちらの大震災でも言えることですが、地震が起こって困るのはライフラインが停止してしまうこと。蛇口をひねっても水が出ない、ガスはつかないし万が一爆発したら困るから使えない……そんな状況の中で、電気だけは比較的早い復旧をしたのをご存知でしょうか?また、電気だけは発電器で発電が出来ることを。

 そこで、災害時にも「風呂保温ヒーター」が活躍します。お風呂にお水を溜めて保温しておく習慣があれば、地震が起こったとき、飲料水、トイレを流すための水、食器を洗う水など様々な用途に使用できます。

 阪神淡路大震災では寒い時期だったのもあり、あたたかい毛布やお湯が切実に求められていましたが、「沸かし太郎」があれば、冷たいお水でもバケツなどであたためて使うことが可能です。「飲むお水はもらったけれど、冷たくて飲めない……こごえてしまう」そんな事態も、打破することが出来ます。寒い時期なら、身体の芯からあたたまりたい。そのための足湯も、「沸かし太郎」で作ることが出来ます。

 緊急事態にはどんな小さなことでも、「ほっ」と出来ることがあると、それ以降の生活が急激に楽になるそうです。あたたかいお湯で「ほっ」と一安心するためにも、いざというときのために「風呂保温ヒーター」はあって損はありませんね。

◆ 風呂保温ヒーターのご購入はこちら!

◆ 風呂保温ヒーターの詳細はこちら!

【使い方のご提案】赤ちゃんのいるご家庭に「風呂保温ヒーター」

 ご出産おめでとうございます!赤ちゃんが生まれたとき、神経を使うことの一つは入浴ではないでしょうか。ベビー用の小さなお風呂にお湯を張って赤ちゃんを入浴させるのも、悩み事が多いですよね。赤ちゃんの身体に関することから、赤ちゃんにあわせてぬるくお湯を炊いてお風呂からくみ出したは良いけれど、肝心の大人が入るとぬるすぎたり。蛇口から赤ちゃん用のお風呂と自分たち様のお風呂と二種類お湯を出せば良いんですけど、それだとお湯がもったいないし…とお思いの方もいらっしゃると思います。何かとお金のかかる時期でもありますしね。

 そんなときに、風呂保温ヒーターはいかがでしょうか?「風呂バンズ1000」なら、まずは浴槽を「ぬる湯」で保温。赤ちゃんのお風呂のお湯を浴槽からくみ出して、赤ちゃんの入浴が終わったらお湯を浴槽へ。今度は「あつ湯」で保温してしまえば、入浴後の赤ちゃんのお世話が一段落してお母様やお父様がお風呂に入る頃には大人好みの温度になっていますよ。これなら、追い炊きをする必要もないし、赤ちゃんの入浴したお風呂のお水も再利用できるし、とてもエコ。

 また、もう少しお子様が成長されれば、今度は夏場にプール遊びのお水としても使うことが出来ます。蛇口から出るお水だとさすがに冷たいこともありますよね。風呂保温ヒーターでぬるく保温しておけば、ちょうどいい温水プールに。プールで遊ぶ、お子様の素敵な笑顔をカメラに収めて、是非夏場の思い出にしてください。

◆ 風呂保温ヒーターのご購入はこちら!

◆ 風呂保温ヒーターの詳細はこちら!

【使い方のご提案】入浴時間がバラバラのご家庭に「風呂保温ヒーター」

 友人に、「ご主人はサラリーマン、奥様は看護師」というご家庭があります。どうしても出勤時間や生活時間にずれが生まれてしまい、特にご主人が日勤で奥様が夜勤の日はお風呂一つとってもタイミングが合わないんだとか。共働きが増えているご時世ですから、そう言ったご家庭、他にもございますよね。

食事時間のずれは電子レンジの活用などでどうにかなるにしても、入浴時間だけはどうにもならない……とお思いの方。風呂保温ヒーター「風呂バンズ1000」のご購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

奥様が出勤前に一風呂浴びた後、「風呂バンズ1000」をお湯の中に入れておきます。そうするだけで、奥様の出勤後、ご主人が帰ってこられるときでもお風呂はあたたかいまま。適温のお風呂にゆっくりと入ることが出来ます。その後もう一度「風呂バンズ1000」を沈めておけば、今度は夜勤が終わって帰宅された奥様が疲れを癒すためにもう一度入浴することも可能です。

お子様が塾で帰りが遅いご家庭にも利用できます。使い方は今と同じ。今度は、遅く帰宅したお子様に合わせて「風呂バンズ1000」を「ぬる湯」で保温することが出来るので、家族がそれぞれ、自分好みの温度で入浴することが出来ます。

一日の終わりや始まりに、自分好みの温度で入浴できるだけでかなり癒される時間になりますよ。すっきりした後は仕事や家事も頑張れる筈。「風呂バンズ1000」、どうぞご検討ください。

◆ 風呂保温ヒーターのご購入はこちら!

◆ 風呂保温ヒーターの詳細はこちら!

【使い方のご提案】賃貸マンション在住の方「風呂保温ヒーター」

「今は賃貸マンションに住んでいるけれど、将来的には綺麗なマンションに住みたい!」そんな夢をお持ちのご家族、多いと思います。賃貸マンションでは追い炊きがないところも多いですし、何より、同じ金額を払い続けるなら将来的に自分のものになる持ち家がいいですよね。

 そんな将来を見据えての節約にも「風呂バンズ1000」が大活躍。これを使うことで、水道代とガス代の消費がぐんっと抑えられるので、月に4000円、年間5万円以上の節約になるんですよ。余ったお金をこつこつ貯金していけば、夢のマイホームも夢ではなくなりますし、月に4000円も節約できるのであれば、たまにはご家族でちょっと豪華に外食を楽しむことも出来ますよね。

 それになにより、今までは追い炊きが出来なかったご家庭でも、「風呂バンズ1000」があれば追い炊きから保温までを一人でやってくれます。いちいちお風呂に湯を張る手間もなく、とっても便利。もちろん、かかるお金はガス代に比べてずっとお安くなってるんですよ。こういう地道な節約が、意外にも大きな額になって帰ってくるんですよね。追い炊きから保温までを賢く管理してくれる「風呂バンズ1000」はご家庭のお財布にも強い味方。節約してほしいものがある方、是非一度ご購入を検討してみてください。

◆ 風呂保温ヒーターのご購入はこちら!

◆ 風呂保温ヒーターの詳細はこちら!

風呂保温ヒーターの電気代について「風呂保温ヒーター」

 東日本大震災が起きてから、「節電」と声高に言われるようになりました。我が家でも、使っていない部屋の電気は消したり、エアコンは出来る限りつけないように…といった対策をしています。

 さて、では電気で動く風呂保温ヒーターの電気代に関してはどうでしょうか?

 風呂保温ヒーターの「風呂バンズ1000」「沸かし太郎」「湯美人」に共通して言えることは、保温に必要な電気代が約3〜4円であること。一方、湯沸かしにするとどの製品でも20円前後かかってしまいます。つまり、「湯沸かし」にはどの製品もそこそこの電気を使ってしまっていますが、「保温」には電気の使用はあまり多くないのです。

 そこで、お勧めする使用法としては一度お湯張りをしたあたたかいお湯に風呂保温ヒーターを入れておくことです。電気代もさほどかからず、ガス代と水道代はゼロ。それなのに適温をずっと保つことが出来るので、十分な節電と言えるのではないでしょうか。

 風呂保温ヒーターを使う上での節電のこつは、「お湯が冷めないうちに風呂保温ヒーターを浴槽に入れること」です。そうすることでコストパフォーマンスも最大になりますし、節電にも最もいい効果が得られます。

 少しの気配りで大きな節電効果が得られる風呂保温ヒーター。これからしばらく、電力供給には不安が残る中で、こういったことで一つ一つ身近なところから無理のない節電をしていくことが大事なのかもしれませんね。

◆ 風呂保温ヒーターのご購入はこちら!

◆ 風呂保温ヒーターの詳細はこちら!

ページトップへ